子どもの「やりたい!」という好奇心を満たす方法




こんにちは、ちゃママです。

今日も宿題を終えて遊びに行ってしまいました。


さて、相変わらず車が大好きな息子。

先日は、外遊びから帰ってきてから 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(Back to the Future)を再生しはじめました。


1985年の映画なので、古い車が出てくるのはもちろん、タイムスリップする車「デロリアン」が見たいがために、英語音声(日本語字幕)でもかまわずに観ていました。

 

↑ デロリアン

もう10回以上は観ていると思います…。


そして、翌日は『バック・トゥ・ザ・フューチャー3』を、また英語音声で見ていました。


ちなみに、初めから最後までずーっと座って見ているわけではなく、途中でトミカで遊び始めたり、別のことをしていることもあります。

「テレビの観せすぎかな?」と思いながらも、自由にさせています。


そんな息子が、車以外のことにも興味を持ち始めました。

世界遺産を知りたい

小学校1年生になり、習い事を始めたり、回数を増やしたりする子が増えてきました。

幼稚園のころから、息子に「こんな習い事があるよ」という情報は教えているものの、


「興味ない」


と、何も習うことなく、好きなことばかりしてきました。


ところが、先日お風呂に入っているときのこと。

小学校で、6年生のお兄さんたちと話をする機会があり、地球儀で覚えた世界の国と首都の名前などの話をしたところ、


「すごいね!天才?」


と、褒められてうれしかったという話を息子がしました。


(この息子の「世界への興味」をもっと広げてあげるにはどうしたらいいんだろう?)


と、思った瞬間、


「そういえば、世界遺産検定っていうのがあるよ?」

「何それ!?」


となりました。簡単に説明したら、


「やってみたい!」


と、ものすごく興味を示しました。

そう言ってしまったからにはと、調べてみたのですが・・・

テキストを買っても、まだ漢字が読めない(…致命的)

3・4級は、世界の世界遺産よりも、日本の世界遺産のほうが出題が多いらしい

東北の試験会場が仙台しかない



うぅ~ん、、、検定を受けることはちょっと違うような・・・?

検定よりも、世界遺産のことを知りたいというのならば、

この図鑑を与えたほうがいい気がしてきました。


図鑑なのでそれなりの値段はしますね・・・稟議いるかな?;

でもわたしも興味があるし~、将来旅行するときにも役立ちそうだし~と言い訳をして、購入しようと思っています。

写経をやりたい

「ママ、お経って知ってる?」

「お経?もちろん知ってるよ。おばあちゃんちで聞いたことあるよね?」

「いま朝読書で読んでる”こころのふしぎ”の本に出てきたんだよ」

「へぇ~、ちょっと見せて」


たしかに載っていました。

「おきょう」って、なんで読むの?

という不思議。


般若心経とその要約が載っていますが、まだ「死」さえも完全に理解していないような息子には、難しい内容でした。


そして、”般若心経を写経してみよう”というページがあり、さっそくなぞろうとする息子。


「ちょっと待って!本に書いちゃうの!?」

「うん」

(本に書いちゃうと、たぶんうまくなぞれないから真っ黒になるな…)

「お経を書きたいなら、明日100均で買ってきてあげるから1日待ってくれない?」

「え!あるの?」

「前に見たことがあるからあると思う」

「じゃ、それお願い。書くやつもね」

「あ、筆ペン?」

「うん」


えぇ~、、というわけで・・・

親バカなので、さっそく買ってきました!

ちょっとクセのある文字…(写経体というらしい)

書き順もまだ習っていない漢字だらけ…

でもきっと、これで息子の欲求は満たされるハズ!?


ちなみに”こころのふしぎ”の本には、

「書くことで、その言葉がだんだん自分の心に入りこんでいき、少しだけさとりに近づけるといわれています」

と書かれています。


わたしの祖母が何年も習字をやっていて、よく部屋で写経していました。

だからなのか、「わたしも老後にやりたいな~」となんとなく思っていたのですが、煩悩だらけの今だからこそやるべき?w

写経をすれば、少し穏やかな気持ちになれそうですね。

ちゃママまとめ

子どもはやりたいときが、やらせ時


普段から子どもとよく話し、よく様子を見て、いま興味があるものは何かとアンテナを張る。

そして、どういう方法があり、どんな物を与えることができるのかを考え、環境を整えてあげる。


「そんなことより、〇〇をしなさい」

などと、親の価値観を押し付けるのでは、

「自分からやりたいと思うものは、どうせ否定される」

と親に言わなくなり、自分で考えなくなり、子どもの好奇心の芽を潰すことになってしまいますよね。


たとえそれが続かなかったとしても、

「こういうことをやりたがったことがあったよね!」

笑い話になるのも楽しいものです。


どんなことでもやってみないとわからない!

そして、どんなことでもやってみることで息子の経験値はアップするハズ☆

と信じています。


※息子の世界への興味は車好きから始まったという話は、

子どもを「車好き」にすると得られる意外なメリット

を見てください。