【英語教育】「こどもちゃれんじEnglish」をやったら拒否反応が…




こんにちは、ちゃママです。

今日は、我が家の「こどもちゃれんじEnglish体験記」を書こうと思います。

気になる英語必修化

英語は◯歳までに始めよう!

◯歳までは「L」と「R」が聞き分けられる!

ネイティヴの発音を身に付けたいなら◯歳までに!


子育て中の親なら、一度は見聞きしたことがありませんか?


2020年には小学3年生から英語が必修科目になり、5年生からは教科化されて成績もつくというので、英語教育に関してはとても関心が広がっていますよね。


親が話せなくても英語教室に通わせたり、英語教材を使ってペラペラと話せるようになる子供は確かにいます。

でも、子供って覚えるのも早ければ忘れるのも早いので、継続しなければいけません。


何よりもお金と親のがんばりが必要になります。

英語教材を検討

わたしもちょっと上記の言葉に踊らされて(笑)、

「英語も教えたら覚えるのでは?」

と思い、車の中では「えいごであそぼ」のCDばかり聴かせていました。


車に乗るのは週末くらいでしたが、3歳ころまで続けていました。

(その後は「EXILEのほうがいい」となり、勝手にナビを操作するようになり、えいご~はたまにしか聴かなくなりましたが…)


こどもちゃれんじを受講していると”こどもちゃれんじEnglish”は同時受講となるので、会員特別価格で受講できます。


こちらは2ヵ月に一度届きます。

こどもちゃれんじと同じように、絵本、DVD、エデュトイが連動しています。


ベネッセでは”こどもちゃれんじEnglish”のほかに、オールイングリッシュの”Worldwide Kids”という英語教材もあります。

”Worldwide Kids”のサンプルDVDは、確かに楽しんで何度も見ていました。


でも、そこまで熱心に取り組めるかな?一緒に付き合って遊べるかな?とわたしに自信がありませんでした。

英語という言語があることを知って、それに触れることで英語を身近に感じてほしい

聞き慣れておくことで英語は楽しいものだと思ってもらえたらいいな



と思い、2歳から”こどもちゃれんじEnglish”を受講することにしました。


※自己紹介に「あまりお金をかけずに」と書いていますが、ベネッセにはお金をかけました(二度目^^;

実際にやってみた感想

朝から晩まで一緒にいるなかで、こどもちゃれんじの教材に飽きてきたな~というころに届くので、ちょっと新鮮な気持ちになることができました。


DVDや英語の絵本、英語の音声が出るおもちゃなどでさらに遊びが広がりました。


DVDもよく見たし、エデュトイで何度も遊ぶことで、果物や色、数字や動物の名前を自然に覚えていきました。


わたしも「帽子かぶって」「お風呂に入るよ」「歯を磨こう」など、簡単なことを英語で言うようにしていた時期がありました。
(すべて中高校生レベルの英語…)

英語教育の弊害なのか?

息子は左目に間歇性(かんけつせい)外斜視の症状があり、1歳10ヶ月のころから定期的に眼科に通っていました。

忘れもしない、2歳4ヶ月に検査を受けたときのことです。


蝶の影絵のカードを見せられて、


「butterfly!」

(えっ!?)


検査をしたお姉さんも「英語!?」とびっくりしていました…


犬の影絵のカードは「dog!」、鳥の影絵のカードは「スズメちゃんのお友達」(笑)

思わず「日本語でいいんだよ?」と言ったけれど、英語が止まらず


ゾウは「elephant!」、星は「ほし」、車は「car!」


熱心に教えていたわけではないし、たまたま覚えていたのが出ただけなのに、ちょっとお姉さんとの間に微妙な空気が…


そんなことがあっても「まぁいいか~」と引き続き”こどもちゃれんじEnglish”をやっていました。


ところが、3歳児検診のとき(3歳5ヶ月のとき)にまた同じことが起きました。


自分の名前を聞かれてはっきり元気に答えた息子。


「これはなに?」と指さされたものを、なぜか英語で答えるのです。


言葉の検査をした保健師さんに驚かれ「保育園に行ってるの?兄弟いるの?英語習ってるの?」などなど、いろいろ聞かれました…


そして、あまりにも滑舌が良くて受け答えがハキハキしているので、


「ホントに3歳??」

「幼稚園に行っても周りの子と話が合わないんじゃないかな…」


とまで言われました。
(普通そんなこと言う!?)


そして最後に「伸ばせるところは伸ばしてあげてね」とアドバイスされました…

自我の芽生えから英語拒否!

それから時が経つにつれて、新しいDVDが来ても数回しか見なくなりました。

わたしにも「英語で言わないで」「日本語で言って」と明らかに英語への拒否反応が出てきました。(4〜5歳ころ?)


気が向けばDVDを見るかな?そのうちワークやるかな?無理にやらせて嫌いになってもな…と放置期間が発生。

こどもちゃれんじの記事を読んでいただいた方は「またかぃ!」と思いますね・笑)


ちょうどそのころ、しりとりやダジャレ、韻を踏むことなど、日本語の面白さに気づき始めていた息子。


「あれ?英語よりも日本語の語彙を増やすことが先だよね?」


と思い直しました。


そして、3歳からレゴやトミカが本当に大好きで夢中になっていたので、英語教材で遊ばなくても


「好きなことをしている時が、脳も活性化して喜んでいるよね!?」


と、英語から少し距離を置くことにしました。

日本人訛りの英語でOKじゃない?

大人になってから英語を習得した人はたくさんいます。

「L」と「R」が聞き分けられなくても、そこに違いがあることを知っているだけでいいのかな?と。ネイティヴの発音じゃなくてもいいのかなと。


日本人だから日本人訛りがあったとしても、会話が通じればコミュニケーションはとれるわけだし?


いま成田空港で使われているパナソニックの「メガホンヤク」の小型版みたいなものが登場するのも時間の問題かもしれないし?(笑)


そんなわけで、まずは日本語と地頭を鍛えておく方が先!と思いました。

現在の息子と英語の関わり方

6歳10ヵ月になりましたが、たまにトークパッドというパソコンのような形のエデュトイでゲームをして遊んでいます。

覚えた単語はほとんど忘れていませんし、1~20までの数字は英語で言えます。
(・・・中学校で初めて習っても、すぐに覚えられることですけど・笑)


子どもを「車好き」にすると得られる意外なメリットでも書きましたが、アルファベットは読み書きできますし、なんとなく母音と子音を感じています。

それは車だけから得られたものではなく、ベースに”こどもちゃれんじEnglish”があったからかもしれません。


一時は英語への拒否反応が出たと思っていましたが、久しぶりに車で「えいごであそぼ」を聴いたら「懐かし~!これ良く聴いてた」と言うし、ハンプティダンプティやロンドン橋など少しですが口づさめる歌もあります。


拒否反応が出たときに強制的にやらせなかったことが良かったのか、いまは、BSのDlifeで入る好きなアメリカのアニメ(とくにフィニアスとファーブ)を、たまに英語音声で見ています


何度も再放送を見ているので「前に見た話はストーリーもわかっているから」と、気が向けば自分で切り替えています。
(効果のほどは謎ですが)


少し前はピコ太郎のPPAPのマネをして、いろんなものを「have 」で手に持ってくっつけていました(笑)




じゃんぷ(年長コース)のテキストですが、ほとんどやっていませんね(駄)


いま気が付きましたが、もうすでに読み書きできるアルファベットをわざわざ書きたくないのかも?


やる気スイッチを押さないわたしもダメということですね(苦笑)

ちゃママまとめ

こどもちゃれんじと同様に、この「こどもちゃれんじEnglish」という教材も親が一緒に遊んであげることで、子どもはどんどん単語を覚えます。


でも、それだけでは話せるようにはなりませんので、「こどもちゃれんじEnglish」のみでバイリンガルにしたいなどというのは難しいと思います。


先ほども書きましたが、我が家は


「英語という言語があることを知って、それに触れることで英語を身近に感じてほしい」

「聞き慣れておくことで英語は楽しいものだと思ってもらえたらいいな」


くらいの思いでやったので、ひとまず成功だったとします!
(プラスに考えすぎかな??)


ちなみに…余談ですが…

「こどもちゃれんじEnglish」のDVDに出てくるしまじろうは、英語と日本語を話すのですが、学年が上がるにつれてDVDだけでなく絵本やワーク、エデュトイにもしまじろうの登場が少なくなっていきます(淋)


あれ?だからやる気が出なくなったのかな!?

ベネッセさん、しまじろうをもっと登場させるよう、検討してくださーい(笑)


↓こちらも必見!(2017年10月25日追記)

【林先生】幼児期の英語教育は不要!林先生が驚く初耳学レポ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です