我が家に「あわてんぼうのサンタクロース」が来た話

メリークリスマス☆ちゃママです。

昨夜、リビングのテーブルの上にクリスマスプレゼントを置いておきました。

朝起きた息子の様子などを、7歳のクリスマス記念に書いておこうと思います。

プレゼントが届いた朝

昨夜『プレゼントはテーブルのうえにおいて下さい』と手紙を書いて寝た息子。

今朝、目が覚めた息子は、すぐに寝室のドアを開けずに、

「ママ、、、ドアを開けてプレゼントが本当にあるのかドキドキする」

と緊張(笑)

ひと呼吸おいてからドアを開けると、

「ママ!プレゼントあった!サンタさん来たんだ!」

と大興奮!

「うわー!すっごいうれしい~(>w<)」

と大喜び。

「メリークリスマスって袋に英語で書いてある!」

そして、さっそくプレゼントの袋を開けました。

1台ずつ取り出されるミニカー。

(5台頼んだうちの4台しか入ってないんだよね…ドキドキ…)

「うわっ!マクラーレンP1!WRXも!」

4台全部出した息子。袋の中を見てもあと1台は見当たりません。

「あれ?カスタムダットサンがない!」

「えっ!?」

「ま、いっか〜、しょうがない」

「いいの?(笑)」

「品切れだったのかな?」

「(ギクリ…)」

「入れ忘れたのかな?」

「(ゴクリ…)」

「本当に”あわてんぼうのサンタクロース”っているんだね(笑)」

「あはは、あわててたのかな?(笑)」

「でもいいや、4台でも十分だ」

と、ニコニコ。そして、

「これパパが聞いたら絶対びっくりするよね!サンタが1台持ってくるの忘れてるって」

「そうだね(^-^;」

「いや~こんなことあるんだね、現実に」

…えーっと、何が現実なんだっけ?

んん!?
怪しんでいるかと思いきや、やっぱり今年はまだサンタクロースを信じてる!?

そんなわけで、我が家には忘れ物をするあわてんぼうのサンタクロースが来たということになりました(笑)

パパにも報告

夜になり、帰宅した主人にもすぐに報告。

「パパ!サンタさんが来てくれたのはいいけど、ダットサンだけ入ってなかった!」

「なにー!?」

「入れ忘れたんじゃないかって」

「そりゃダメだろー」

(なんか…買いそびれた私が言われている気分…(~_~;))

「よし、今度どこかで売ってるのを見つけたら、買ってやるからな」

「うんっ!でも4台もカッコいいよ、見る?」

というわけで、さっそく買う約束をしていました。

ちゃママ感想

昨日紹介した記事では、脳的にもサンタを信じるのは8歳ころまでなのかな?と感じていました。

息子の反応を見ると、まだ信じている様子。

これは「急いで教える必要はないのかな?」と思いました。

学校の友達に会ってクリスマスの話になれば、また怪しむのかもしれませんが、冬休み中であまり会わないし…

気がついたらプレゼントをもらえなくなるのではと心配で“気がつかないフリをする子”もいるようです(笑)

でも、あのキラキラした息子の目を見たら、そんなたくらみはいっさい感じませんでした。

というわけで、今年はこのまま「良かったね!」とサラッと流しておくことにします。

 

あの本を読んであげようと思ってたんだけどなぁ…来年かな⁇

サンタはいる!クリスマスに子どもに伝えたいこととは