【衝撃】子どもが「自立すること」の本当の意味

こんにちは、ちゃママです。

運動会のお弁当作りを乗り越えたと思ったら、今度は校外学習でお弁当がいるそうです;

「今度のお弁当は何を入れてほしい?」

兵糧丸ひょうろうがん!」

「はい?」

「もぉ~知らないの?松の実とかをすりつぶして、ゴマやはちみつで味をととのえたやつだよ」

「そういえば、前に食べてみたいって言ってたね…」

「詳しく知りたかったら、ハットリくんを見て、ビデオ残ってるから」

「うん、ハットリくんね、、、って、兵糧丸は無理w!」

というわけで、またがんばってお弁当を作ります!

 

さて、相変わらずお友達に会うまで一緒に登校している息子ですが、離れたところに住むママ友も、途中まで登下校をしていると聞き、「うちだけじゃないんだな…」なんて少し安心してしまいました。

そして最近、

ちゃママ

このままでいいのかな?

息子はわたしに甘えすぎなんじゃないかな?

わたしも甘やかしすぎかな?

と、「自立」について心配になってきました。

そして本などで調べる中で、ものすごい勘違いをしていたことに、自分でびっくりしました!

あなたは子どもが「自立する」とはどういうことかわかりますか??

「自立する」とは

わたしは、自立するということは、

朝は自分で起きて、顔を洗い、食事をしたら食器をさげて、歯を磨いて、自分で着替えて、一人で学校に行く。

帰ってきたら、手洗いうがいをして、宿題をやってから明日の準備をして、整理整頓などを親に言われなくてもできる。

など、自分の身の回りのこと、生活習慣的なことが自分一人でできるようになること「自立」だと思っていました。

ところが!!

本当に自立するということは、

「自分で課題を見つけて自ら学び、自ら考え、主体的に判断して行動し、よりよく問題を解決する能力」

があることだというのです。

もっと簡単に言えば、

「自分がやりたいことを、自分で見つけて、自分でどんどんやっていくこと。つまり、自己実現力」

があることだというのです。

親がやって欲しいことではなかったのです…トホホ。。

生活習慣は身につく

わたしが考えていた生活習慣的なことは、この「自己実現力」があれば、すぐにでも身につくそうです。

自己肯定感が高く、自己実現力がある人は、

「これをやりたい!自分ならできるはずだ!」

と、やりたいことをどんどん見つけて、勝手にスイッチを入れて自分からやっていくというのです。

そして、自分でやりたいことがある人は、それを達成するためにはどうしたらいいのかを考え、時間を守ったり、忘れ物をしないようにしたり、身の回りの準備をしたりと、その気になれば、生活習慣的なことは一瞬にしてできるようになるというのです!

自己実現力をつける

では、どうしたら「自己実現力」が身について、本当の自立ができるようになるのでしょうか?

そのためには、

子どもが本当にやりたいことをやらせてあげる。

親はそのことをさらに深められるように、応援してあげる。

のが大切だそうです。

親が応援してくれると、子どもは好きなことをどんどん深められます。

「自分はこれが得意だ」と思えるので、自己肯定感が育ちます。

小さな達成感を積み重ねることになります。

ますます自己肯定感が高まります。

子どもがやれないことや、さまざまなことに未熟なうちは、親が十分にやってあげてもいいのです。

生活習慣的なことで苦手なことは、できるように工夫したり、援助してあげて、もっと伸ばせるところを、先にどんどん伸ばしたほうが、あとあとできるようになるそうです。

ちゃママまとめ

「できないことをやってあげると自立ができない」などというのは迷信のようなもので、できないことはやってあげていいというのは衝撃でした。

「どうしてできないの!」と叱るのではなく、「しょうがないな~」なんて笑いながらやってあげちゃおうと思います(笑)

その代わり、息子がもうできることや、やろうとしていることは、息子がやれるところまで見守り、失敗してもいいから”自分でやろうという気持ち”を受け止めていこうと思いました。

【実例】その否定語で自己肯定感が低くなるかも?