【悩】息子が軽いケガ|当たり前ってなんだろう?

こんにちは、ちゃママです。

実は昨日の夕方、息子が雪遊び中にケガをしました。

わたしを呼びに来たKくん

ここ数日、息子は学校から帰ると、友達と雪遊びに出かけています。

昨日も迎えに来た友達と、

「Kくんの家の前の坂で遊ぶ」

と出かけていきました。

16時をすぎ、「急いで夕飯の準備だ!」と思っていた矢先、ピンポーン。

玄関のドアを開けるとKくんがいました。

「あれ?どうしたの?」

「(息子)が鼻血出た」

「えっ!?いまどこにいるの?」

「Kの家の前」

息子はたまに急に鼻血を出すこともあるので、いつもの感じかな?と思って、

「じゃあティッシュ持っていくよ」

「ティッシュはママが箱で持ってきたから」

「あ、そうなの?」

「大きいツララがぶつかって」

「えっ!?ツララ!?」

屋根につくツララを取ろうとして折れてぶつかったとか?

軒下やツララには気をつけるように言ってたのに…

なんて思いながら、上着をはおって急いで様子を見に行きました。

血の雪山に子ども3人

アパートを出て通りを曲がると見えてくるKくんの家。

行ってみると、玄関の横に2m近い雪山があり、そこから坂が作られていました。

雪山の上には、一緒に遊んでいた友達と鼻を白いもので押さえた息子が座っていて、坂の下にはKくんがいました。

雪山は上から下まで血がついた雪がちりばめられたように赤く染まっていて、その坂の途中に箱ティッシュが置かれていました。

えっ!?すごい血!!…Σ(・□・;)

雪山に少しのぼって息子の顔を見ると、口の周りや頬に血のあとがついていて、よく見ると雪で鼻を押さえてる!?

「え!?ティッシュじゃないの!?雪じゃ冷たいでしょ!?」

もう血は止まっていたけれど、持って行ったティッシュをちぎって鼻につめました。

坂の下にいたKくんが、

「このツララ」

と足で蹴ったツララが、直径10センチ、長さ20センチくらいの氷の塊でビックリ。

 

状況を聞いたら、坂の上で寝そべって顔と手を出していた息子に、Kくんが雪やそのツララをスコップですくって坂の上に向かってほおったところ、息子の顔面にぶつかったと…

「痛かったね、いっぱい血が出たからびっくりしたよね、もう(血は)止まってるから大丈夫だよ」

などと言うと、泣くのを我慢していたのでしょうね、、

鼻のつけ根のところを「痛い〜、痛い〜」と言いながら息子が大泣きし始めました。

鼻をひととおり拭いたのであろう血がついたティッシュの塊などを手に持って、息子と家に帰ってきました。

打ち身と小さな切り傷

すぐに鼻や口の周りをきれいにしましたが、「痛い〜」とまだ泣いている息子。

(もしも骨に異常があれば…病院!?内科じゃないよね?外科??行ったことないよ〜どこの病院がいいんだろう!?)

などと考えながら小さな保冷剤をあてて冷やしていると、ズボンのポケットからポッキーを取り出した息子。

「(友達)くんにもらったの。お腹すいた…」

とハッキリとした口調で言いました。

(あ、骨は大丈夫だな…←直感)

左手で鼻に保冷剤をあて、右手でお皿に出した折れたポッキーを食べる息子。

よく見ると、鼻には5ミリほどの小さな切り傷ができていました。

 

薬をぬりながら少しホッとして、

「あぁ〜歯に当たらなくてよかった~、せっかく生えてきた大人の歯が折れてたら大変だったよ。目にもぶつからなくてホントによかった」

「全身の血が全部出たかと思った。当たった瞬間、ぶわっ!って出たから」

「そうだよね、びっくりしたよね」

ホント、大きなケガじゃなくてよかったけど、やはり鼻は少し腫れているような…。

そしてわたしは夕飯の支度にとりかかりました。

ふつふつと込み上げるもの

夕食を作りながらいろいろと振り返って考えました。

よくよく考えると、あの状況でKくんのお母さんがいないって…

あり得なくない!?

遊んでいるときのケガはしょうがないこともあるけど、あんなに血が出てて、もしも大きなケガだったら?

血が止まったところまで見届けて家に入ったのかな?

それともKくんがわたしを呼びにいったから「大丈夫でしょ?」っていう感じなのかな??

Kくんの家にはおじいちゃんもおばあちゃんも住んでるよね?

ケガをした友達がいるのに誰も付き添っていないって…

おじいちゃんやおばあちゃんが出かけていたとしても、お母さんはティッシュを持ってきたし確実に家の中にいるよね?

わたしが逆の立場だったらどうしてたかな?

介抱するのはもちろん、友だちを家まで送っていって「こんなことがあった」と説明して謝っていたと思う。

わざとじゃなくても当たってしまったわけだし。

箱ティッシュも雪山の上の息子には届かない場所に置いてあったし、息子の口や鼻は血だらけだったのに…

なんだろう…この「あとはテキトーにやって感」。

などなど、次から次へと「あり得なくない!?」が出てきて、怒りさえ感じました。

 

夜、帰ってきた主人に息子が今日の出来事を話していました。

主人も、

「で?Kくんのお母さんは?・・・はぁ!?」

…同じことを思ったようです。

息子の前ではふつふつとした思いを飲み込んだけど、本当にいろんなお母さんがいますね…。

ちゃママの思うこと

最初は「突然のことで状況をあまり覚えていない」と言っていた息子でしたが、

「オレがキャッチしそびれたから」

と話しました。

きっと2人で雪山に大きなツララを上げようとしてそうなったのだと思います。

それは、「遊んでいたらそういうこともある、男の子だし」と割り切れる。

まぁ、キャッチできなかった息子がいけなかったのでしょう。

 

でもね………

 

あれ?

Kくんの自宅の前の雪山を血だらけにした息子と、親である私が非常識なのかな?

私が謝りに行くべきだったのでしょうか??

その後も息子の様子見ばかりで行かなかったし…

もう何が正しいことなのか混乱。。

(ちなみに、Kくんのお母さんとは面と向かって顔を合わせたことも、言葉を交わしたこともありません)

 

ひとまず、今朝起きてきた息子は、特に顔が腫れていることもなく、“打ち身”みたいになっていて「押すと痛い」とのことでした。

切り傷も小さかったので、1週間もかからずに治ると思います。

雪遊びは一歩間違えるとケガをします。

みなさんも気をつけてくださいね!

 

それにしても、Kくんとはいろいろあるなぁ…
チョップで前歯も折られたことがあるし……はぁ……

子どもの「問題解決能力」を信じて見守る大切さ