【必見】「辞書引き学習法」で問題解決力を高められる!




参観日で1時間近くカバンを持って立っていたからか、腕コリ&肩コリのちゃママです。。

完全に運動不足です…

わかっています…

やれば体が変わることも…

月曜日からウォーキングを再開しようかな~…

目標は週2~3回!雨天中止!w

「人が行動を変えるのは、具体的で実行可能な行動の形で未来が見えたとき」ですからね♪

辞書引き学習法とは

辞書引き学習法とは、現在中部大学教授・博士である深谷圭助さんが開発・提唱している辞書を使った学習法です。

何年前かは忘れましたが、テレビで見たことがありました。

こんな状態の辞書を・・・




この辞書引き学習法。

子どもに辞書を与え、活用させることで、自分で考え、答えを導く力を高めることができる

というのです。

辞書引き学習のやり方

やり方とコツをまとめてみました。

1.辞書と付せんを用意する

辞書は色合いやフォントなどを見比べて、お気に入りのものを見つけましょう。

付せんは「ポストイット」の接着力が一番いいようです。

割高ですが、のちのち子どもの大きな財産になりますので、ここはケチらずにいきましょうw

2.辞書のケースやカバーなどをはずす

いちいちケースから出したりしまったりするのでは、いずれ調べようという気持ちがなくなります

調べたいときが調べどき!ですからね。

3.辞典を開いて、知っている言葉を探す

最初から使い方を教えるのではなく、まずは自由に開いて知っている言葉を探してみます。

徐々に意味を読んだり、引き方を教えていきます。

パッと開いた見開きのページに、知っている言葉がいくつあるのかを探すのもいいそうです。

4.付せんに番号と言葉を書く

付せんの一番上に通し番号を書いて、その下に調べた言葉を書きます。

通し番号を書くことで「もう100個も調べた!」などとやる気につながります。

5.付せんをそのページに貼る

本文に重ならないように上のほうに貼ります。

わが家の辞書事情

わが家にある辞書はベネッセの「チャレンジ中学英和・和英辞典」「チャレンジ小学国語辞典」の2つです。

いずれも、数年前に株主優待で「いつか使うかな?あれば使うよね?」と、もらっておいたものです。

届いたときは、

息子はまだ幼稚園だし、辞書の引き方は難しいよな・・・

と思いながら、テレビ台に置いておきました。

テレビを見ていて「この意味はなんだろう?」という時や、わたしが息子と話をしていてつい難しい言葉を使って「それどういう意味?」と聞かれたときに、正しく解説するために使っていました。

辞書引きスイッチON!?

つい先日、お風呂上りにおもちゃを片づけていた息子。

すると、急にテレビの前に来て座り、辞書を手に取ってページをめくり始めました。

(これまでわたしが使うのを見たり、引き方を簡単に教えたことはありました)

「何か調べるの?」

「・・・話しかけないで!」

「・・・あ、はい。。。」


一生懸命ひとりで探しています・・・


「あった!!・・・(意味を読んでいる)・・・なるほどね!!」

「え?なに?なんていう言葉?」

「やじうま」

「やじうま!?」

「ドラえもんのペコの話に出てきたんだよ、のび太のママが~したときに(どうたらこうたら)」

「へぇ~~って、ペコの話なんてしばらく観てないのに、急に出てきたの?」

「いま急に頭に出てきたから気になって」

「調べようと思って調べたんだ、すごいね!これは自分で調べた言葉の第一号だね!」

「うん」

そして「これはチャーンス!」と、ポストイットに番号と言葉を書いて、開いたページに貼りました。


「何それ?」

「こうやって調べた言葉を書いて貼ると、この言葉は調べたぞってなるでしょ?」


と、

↓この写真を見せました。


「なにこれー!この子すごい!よーーし!」

と、また辞書を手に取って適当に開き、言葉を見つけて意味を読み始めました。


「ママ!付せん!」

「あ、はい!」


“競争したがる”というやる気スイッチが入りました~!!
【→子どもにある、4つの「やる気スイッチ」とはも見てね】


あまりに次々と言葉を見つけるので、


「ちょっとちょっと、今日はもう寝る準備をしないといけない時間だし、1日10個とかにしない?」

「えぇ~、、わかった」


せっかくスイッチが入っているときではあるけどね・・・

でも10枚の付せんがついただけでも、目がキラキラしていましたw

辞書は教えてくれる

次の日の夜も、

「やばっ!すっかり忘れてた!」

と、辞書を手に取って10個調べました。


また次の日の夜は、息子がいつも以上にたくさん出したおもちゃを片づけていたので、

「片づけるのが大変そうだね、でも遊びが豊富でいいね」

「ほうふって何?」

「豊富って…あれ?調べてみたら?」

「そうだった!」

オレには辞書があった!という感じで、すぐに辞書を引きに行きましたw

そして、

『たくさんあって、ゆたかなようす』だって、なるほどね」

と納得していました。

ちゃママまとめ

辞書引き学習法は「自分で答えを探すことはおもしろいことだ」と感じることができると思います。

親が辞書を引いて調べる姿を見ていたからか、女の子の付せんだらけの辞書が衝撃的だったからか、やる気スイッチは比較的簡単に入ったようです。

ただ・・・スイッチを押し続けるのは親の役目!?

我が家なりのペースで、一緒にやっていきたいと思いました。