【レポ】60歳代でシワが少ない人と多い人の差!この差って何?

こんにちは、ちゃママです。

2017年9月5日放送の「この差って何ですか!?」の中で、「60歳前後でシワが少ない人」を大調査していました!

シワを作らないために、普段どんなことをしているの!?

60歳でもシワの少ない人、シワが多い人の差とは!?

※緑色は、御茶の水健康長寿クリニック院長 白澤卓二先生の発言です。

シワのためにしていること

シワの主な原因は「紫外線」です。

一般的に60歳を超えると顔にシワが増えてしまいます。

そこで、シワが少ない60歳前後の一般女性50人にアンケートを実施しました。

日ごろシワを作らないために、どのようなことをしているのでしょうか?

日傘

答えは「黒い日傘」(27/50人)。

「『黒』は紫外線を吸収してくれるので効果が高い」

「白」でも内側が「黒」の日傘を使っている人もいました。

「重要なのは日傘の内側の色。内側は黒がいい」

内側が白だと、地面からの照り返しの紫外線を跳ね返してしまうため、顔に紫外線が当たってしまうのです。

洗顔

答えは「ぬるま湯」(31/50人)。

「(水の)温度が非常に重要。

朝の洗顔は、夜塗った化粧品の油分や皮脂汚れなどを洗い流すこと。

皮脂が溶け出る温度は、30℃以上

つまり、30℃~32℃のぬるま湯で洗顔するのが一番いい状態を保つことができる

水の場合は、皮脂が十分に落ちないので、吹き出物やかゆみの原因になる。

温度が高すぎると皮脂が落ちすぎて、肌のバリア(保湿)機能が低下し、乾燥してしまう」

シワが少ない人の洗顔のこだわりは?

    • 洗い流すときはシャワーを使わず手でかける
      (36/50人)

「(シャワーの)水圧で皮膚がダメージを受ける。デリケートな部分はシャワーだけでも皮膚のバリア(保湿)機能にダメージを与える」

    • お風呂では乾燥を防ぐため最後に洗顔
      (21/50人)

「洗顔をすると、バリア(保湿)機能がなくなるので、最初に洗顔してしまうとお風呂に入っているあいだに肌にダメージを与えてしまう」

    • お風呂から上がって保湿まで3分以内
      (37/50人)

「皮膚の バリア(保湿)機能はお風呂に入ることによって下がっているので、速やかに保湿をしたほうが良い。
お風呂から出た直後の毛穴が開いているときに化粧水を使うと、(肌に)十分に浸透していく」

食生活

答えは「焼き鮭」(28/50人)。

「鮭にはたくさんのコラーゲンが含まれている。

紫外線で壊れてしまうコラーゲンは、紫外線対策をしているだけでは不十分で、コラーゲンを摂って作ることが必要

昔はコラーゲンを食べても皮膚のコラーゲンにはならないと言われていたが、最近の研究で、コラーゲンを食べると「コラーゲンペプチド」となって吸収されて、皮膚の「コラーゲン細胞」が増加するということがわかった。

コラーゲンは鮭のに入っている。

アンケートでも多くの人が「焼き魚の皮」を食べていた。(40/50人)

他の魚の皮にも入っているが、特に鮭の皮はコラーゲンが多く含まれている」

鮭以外にコラーゲンが多く摂れる食べ物は?

鶏肉

「今回のアンケートでも一番多かった。

オススメは鶏肉の中でも「手羽先」

コラーゲンの量が多いだけでなく、ビタミンB6が含まれている。

コラーゲンを作るのに必要なビタミンが、ビタミンB6」

また、鶏の「レバー」もよく食べられていた。

「レバーの中には「レチノール」という物質が含まれている。

レチノールはビタミンAの一種類。

レチノールは皮膚の細胞を刺激して、ヒアルロン酸を作る。

自力で(ヒアルロン酸)を増やすのが一番いいので、食事で挽回できるという意味では努力のしがいがある」

美容のために飲んでいる飲み物は?

玉ねぎの皮茶の作り方。

「玉ねぎの皮には「ファイトケミカル」という成分が含まれていて、非常に強い抗酸化作用がある」

抗酸化作用とは、老化の原因を抑える作用のこと。

ファイトケミカルには、シワの原因となるコラーゲンの減少を抑える働きがある

ほとんどの野菜や果物の皮に含まれている。

「皮と言えば「落花生の薄皮」

薄皮にもファイトケミカルが非常に高い濃度である。

また、野菜を皮つきで入れたカレーもよく食べられていた。

皮の部分に紫外線を防ぐ効果がある

入浴法

答えは「あつ~いお湯に約5分」

「最近の研究でわかったが、42℃のお湯に5分浸かっていると、細胞の中で「ヒートショックプロテイン」ができる」

ヒートショックプロテインとは、傷ついた細胞やコラーゲンを修復するたんぱく質のこと。

「ヒートショックプロテインは、紫外線で傷ついた肌のダメージを修復してくれる」

42℃じゃないとダメ?

「41℃でも40℃でも、このたんぱく質は誘導できるが、その場合5分では足りない」

43℃だと1分でいい?

「あんまり(温度を)上げないほうがいい。いろいろな負担がかかってくる」

ちゃママ感想

シワの主な原因が「紫外線」ならば、紫外線対策は必須ですね。

日傘は「黒」、洗顔に気をつけて、食事ではコラーゲンやファイトケミカルを意識して摂取する。

お風呂ではヒートショックプロテインが期待できる入浴法と取り入れる。

 

洗顔に関しては、以前「美と若さの新常識」でも正しい方法が紹介されました。

【美と若さの新常識】自分力で”美肌菌”を増やす最新お肌術レポ

↑この記事のなかでも「AGEs」について書かれていますが、鮭の皮や鶏皮などをカリカリに焼くと、お肌に大敵なAGEsができるので要注意です!

※AGEsに関しては、AGE測定推進協会のHPへ。

健康に関する知識は、知らないよりは知っていたほうがいいことですが、意識しすぎるとやることがいっぱいすぎますよね。

まずは睡眠をしっかりとって、無理をせず、できることからやってみましょう!

余談・・・

「レチノール」と言えば、最近話題の商品を母に買って欲しいと頼まれました。

エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム S 15g【医薬部外品】
資生堂ジャパン (SHISEIDO JAPAN) (2017-06-21)
売り上げランキング: 981

というわけで、購入しました!

ついでに自分のぶんも(^-^;

レチノールって、食べずに塗るだけ・・・・でもいいのかな?

厚生労働省もシワ改善効果を承認した医薬部外品なので、効果を期待してしばらく試してみたいと思います!

【美と若さの新常識】自分力で”美肌菌”を増やす最新お肌術レポ 【美と若さの新常識】5分で読める「春肌対策は美肌づくりの王道」