幼児期の男の子に起こりやすい5つの「問題行動」とは

こんばんは、ちゃママです。

息子と同じ、小学校1年生の男の子がいるママと話をしていたら、

「まだたま〜におねしょするんだよね…。オムツをはかせて寝てるけど、いつになったら卒業するんだろう…」

と相談されました。

子どもたちの成長過程のなかで、「おねしょ」「吃音きつおん」「チック」など、ちょっと困ったクセ振る舞いが見られることがあります。

これを、専門的には「問題行動」と呼ぶそうです。

問題行動と言われると、悪いことのように感じます。

ところが、結論から言うと、何もしなくてもいつかはやらなくなるものだし、何かをしたから早くやめるというものでもないのだそうです。

男の子に多い問題行動

1.チック

まばたき首振りなど、特定の動作を繰り返すもの。

幼児期に始まり、学童期にもっとも強くなり、半数は中学卒業までに治まる。

2.おねしょ

おねしょをする子は今もかなりいる。

ほとんどは遅くとも小学校6年生くらいまでには治る。

3.吃音

多くは幼児期に起きる。

ごくまれに長期に続くことがあるが、ほとんどは自然に消失するので、周りの大人が干渉しないのが得策。

4.性器をいじる

指しゃぶりをしたり、耳たぶを触るのと同じように、自分のカラダの一部の感触を楽しんでいる状態。

場所が性器だから気になるだろうが、そっとしておけばいい。

5.夜驚症やきょうしょう夢中遊行むちゅうゆうぎょう

両方とも寝ているときに起きる。

夜驚症とは、とても驚いたり、追いかけられているように感じて叫び声をあげたりする。

夢中遊行は、ドアを開けたり歩き回ったりと複雑な行動をとる。

いずれも起きたら何も覚えていない。

ほとんどが思春期までには治まる。

見守ることが大事

八王子中央診療所所長で小児科医の山田真先生によると、

「子どもなりに何か必要性があってしていることなので、無理やりやめさせると他の良くないことに繫がる可能性がある。黙って見ているのが一番いい方法」

なのだそうです。

ママ友が困っていたおねしょも、怒ったからといってすぐに治るものではありません。

これらの問題行動。

思春期が来ても治まらないようなら、それから専門医を訪ねても遅くはないそうなので、まずは何もせずに見守るのがいいそうです。

ちゃママまとめ

問題行動は問題ないとは言っても、「吃音やチックは心理的な問題の表れ」「おねしょが治らないのは愛情不足」などという説を聞くと、不安になってしまいますよね。

でも、大人が気にして指摘するなどすると、子どもはますます気にしてしまいます。

「大丈夫、必ず治るから」「心配しなくてもいいよ」という気持ちで寄り添ってあげるのがいいのかもしれませんね。

余談)息子のおねしょ

育児日記を振り返ってみたら、息子は2013年9月1日(2歳5ヶ月)のお風呂のあとから「パンツ」を履くようになっていました。

「いつからパンツマンになるの?」

「9月から〜」

と、2歳4ヶ月だった本人に聞いたんですよね。

カーズのマックイーンのパンツを履かせたその日の夜から、念のため夜だけはオムツにするということもしなかった私。

寝る前にトイレに行くと、朝まで大丈夫なことが多かったので「膀胱が大きいのかな?」と勝手に思っていました。

そんな息子ですが、やはりこれまでに、3回くらいはおねしょをしたことがあります。

そんなときでも、責めることはせず、

「お洗濯すれば大丈夫だから」

「あらら、気持ち悪いよね、着替えようか」

などと、さりげなく接してきました。

本人が一番「やっちゃった!」と思っているし、怒って治るものでもないんですよね。

大人になってもオムツの子はいないので、カラダの準備ができれば必ずはずれます。

親が子どもの成長を待ってあげることが大切ですね。

【あさイチ】どうする?子どもへの「性教育」レポ 【小学校低学年】脳の発達まとめ「やる気スイッチ」を押す方法 学びの土台「話を聞く力」を伸ばす3つの方法