【百ます計算】小2は3分以内が目安!息子の10日間の記録

こんにちは、ちゃママです。

今日から8月ですね。
毎日暑いですが、1日おきにどこかに出かけている感じです。

今日は引きこもりデーなので、夏の恒例イベント?としてぬいぐるみを洗いました。

サンルームがこんな状態になっています↑
(去年の再掲ですw←手抜き;)

 

さて、夏休みに入るとき「息子と毎日百ます計算をする」と書きました。

息子はクラスでも計算が特別速いわけではありません。

学校で時間をはかって筆算(25問)をやったときも、

「◯◯さんは57秒だったんだよ!オレは1分18秒だった」

「おぉーすごいじゃん。◯◯さん速いんだね」

と、1番になろうという気持ちもなければ、くやしいという気持ちもない感じです;

そんな息子に「夏休みは百ます一緒にやろう!わたしもやるよ!対決だ!」とうまく誘うことができました♪

夏休みの一人勉強に「百ます計算」

百ます計算のアプリだと毎回違う問題が出ますが、開発者の陰山英男先生が勧めているのは「毎日、同じ問題を、2週間続けること」です。

百ます計算はこれまでも何度かやっていましたが、実は同じ問題を毎日というのはやっていませんでした

そして、時間はたいてい4分台でした。

夏休みの宿題として「一人勉強 20ページ」があるので、一人勉強のノートに手書きでやることにしました。

息子の記録

ノートに縦の線と横の線をじょうぎで書いて、数字を書きます。

<1日目>
同時にスタートしたところ、圧倒的にわたしが早く終わってしまいました。
息子:3分23秒
ちゃ:1分54秒

<2日目>
「今日もやるぞ~」とやる気があったので、わたしに勝つというよりは「昨日の自分よりも早くなること」が目標であることを確認しました。
息子:3分15秒
ちゃ:1分27秒

<3日目>
「さあ!今日もやるよ!」と声をかけられたので、まだ家事が落ち着いていないなか、手を止めて付き合いました。
息子:3分13秒
ちゃ:1分19秒

<4日目>
「百ますやるから時間はかって!」とすでに問題を書き終えたところで声をかけられました。
息子:3分16秒
ちゃ:サボりw

息子は計算途中にしゃべったことが敗因と思われます。
わたしはやっていないのに、何も言われなかったのでサボりw

<5日目>
「これ以上早くなる気がしない」と弱気な発言。「ママも無理かもなぁ~、でもま、やってみるか」と言いました。
息子:3分2秒
ちゃ:1分18秒

お互いに新記録。ちなみに、息子はこれまで毎回全問正解でした。

<6日目>
短くなったHBのえんぴつから、2Bのえんぴつに変えました。
息子:3分7秒
ちゃ:1分18秒01

計算間違いに気づいて書き直したことが敗因と思われます。ふりかえりには、3分を切れなくて「くやしい」という文字が!

<7日目>
「3分きれるかなぁ…」と言いながらも無言で集中。
息子:2分40秒
ちゃ:サボり

急にタイムが縮まりました。
「2Bだから、そんなに力を入れなくてもいいんだと思って書いた」とのこと。
ミスが3つもありましたが、うれしさでわたしがやっていないことに気づいていませんw

<8日目>
主人がいたので、いつもと少し違う環境。
息子:3分00秒
ちゃ:サボり

ミス1つ。わたしのタイマーの止め方の問題かな?3分にはがあるのかな?

<9日目>
「今日は休みたい」と言ったので「そっか、休みたいのか。毎日がんばってきたもんね」と言って家事をしていたら、ノートを広げていました。
息子:2分50秒
ちゃ:1分16秒

「全問正解で3分を切れたのはすごい!」と言うと、とても喜んでいました。

<10日目>
「今日は休まない?暑すぎる」と言い、前日の遊び疲れのせいかな~と任せていたら、本当に休みました!w

<11日目>
「もう新記録出ないよ」と息子。「”小さい字で書く作戦”でもこれ以上は無理かも」とわたしも弱気。
息子:2分58秒
ちゃ:1分14秒

全問正解でしたが、前回の記録は超えられず。
それでも「昨日休んだからかな?でも全問正解!あれ?3分を切るのが余裕になってきたんじゃない?」と励ましました。

ちゃママまとめ

家庭学習は「やらせる」のではなく「一緒にやる」「きっかけを作る」のが大切ですね。

少し検索してみたら、小2で1分台の子もいるようです。

計算(暗算)はやればやるほど速くできるようになって、脳の海馬の容量が大きくなるといいます。

でも、他の子と比べるのではなく「昨日の自分を超すこと」を目標にがんばることが大事だと思います。

数字を書く大きさやスピードなど技術面の問題もあるので、わたしはそこまでタイムにはこだわっていなくて、正解すること「やろう!」という気持ちを重視しています。

速くても間違いが多かったり、読めない数字を書いていれば意味がないですよね?

ちなみに陰山英男先生の著書には、小学校2年生は、

百ます計算(たし算、ひき算、かけ算)がそれぞれ3分以内でできること

を学習目標としていると書かれていました。
(問題集には2分以内と書いているとか…)

 

計算中の息子の目はとっても真剣です。

計算能力や学力の基礎力のためというよりは、一瞬で集中状態に入るための訓練になっていると思います。

実際に百ます計算は、前頭前野を活性化すると言われています。

息子にとっては、これまで非常に時間がかかっていた一人勉強の宿題を、5分程度で片づけられるのが魅力のようです。

「(一人勉強は)誰もやっていないことをやる!」と言ってがんばっていたからね(^-^;

【家庭学習】小2息子の一人勉強のネタまとめ

10日間やってきましたが、「明日はひき算やろう?」と話していました。「べつに14日間じゃなくてもいいか」とゆるゆるですw

お互いに「ひき算は時間がかかりそうだよねー」と言っていますが、また10日間がんばってみようと思います。

ちゃママ

息子へ…

バレてないからってサボっちゃってごめんねーw

百ます計算は、毎日、単純な計算問題を100問解いていることになります。

1日1回、5分程度ですが、何もやらない夏休みを過ごすよりは、息子のチカラになっていると信じています。

 

わたしが百ます計算を息子にやらせたかった理由や、百ます計算の効果についてはこちら↓

一人勉強にもオススメ「百ます計算」を導入する方法 【雑談】息子とゲーム「100マス計算アプリ」をやってみたよ 小学校2年生の「個人面談」で聞きたいことを聞いてきた話